ゆうき

筋トレグッズ会社代表、エアライン機内通訳

10代の時にゲイであることに気づいて、自分自身を受け入れることができなかった。ちょうどとの時、HSPの症状も出始め、誰とも関わりたくない・生きるのがしんどいと思い始めました。そんな中でも大好きと思える人たちに出会うことができたことがきっかけで、家族や友人へのカミングアウト、HSPともうまく関われるようになりました。当時は考えることも出来なかったけど、客室乗務員としておお客様の前に立ち、世界中を見て回ることも出来たことはいい経験です。僕自身が鬱が改善されたのはヨガ・筋トレだったこともあり、今は自宅でできる筋トレグッズ会社の代表をしています。体を動かすことの大切さも一緒に考えていけたら嬉しいです。

ゆうき