オンライン居場所

子どもたちが笑顔でいられる居場所

ZOOMで会える、相談員と心許せる仲間たち
皆さんのご支援のおかげで、素敵な居場所が出来ました。

zoomibasho.jpg
オンライン居場所で変われた
人前で話せるようになった
笑顔が増えたと言われた
将来の目標が見つかった
大人を信じられるようになった
​成長したねと言われた
202046680_4133594240017793_5488728997336224639_n_edited.jpg

子ども・若者たちに、

信頼できる家族のような存在を感じて欲しい。

常に頼れる、安心できる『居場所』を作ってあげたい。

子どもたちは誰もが愛される存在
信頼できる大人も友達もいない、“孤独”という辛さをなくしたい。
虐待・子育て放棄・いじめ・大人による性的搾取などによる10代の子ども・若者たちの自殺。信頼できる大人も友達もいない、“孤独”という辛さ。当協会だけでも、1週間で700〜1,000人、1ヶ月で20,000通の相談が、孤独な子どもたちから寄せられます。

  さらに、コロナウイルスによる学校の休校、外出自粛要請などの影響により、

家にいる時間が増え、親のストレスも増加することから家庭内暴力や、父親から子供への性的虐待などの危険から逃げ場のない子どもたちが増えています。

 

そんな子ども・若者たちに、信頼できる家族のような存在を感じて欲しい、

常に頼れる、安心できる『居場所』を作ってあげたいというおもいから

この『相談員の常駐するオンライン居場所』ができました。

居場所から成長の場へ

オンライン居場所では、毎回GOOD&THANKS(今日の良かったこと・嬉しかったことなど)をみんなでシェアし、若者たちが決めたトークテーマについて語り合います。

時には、個性的な相談員さんによるミニ講座を開催することも。

初めは声も顔も出せず、聞くだけで参加していた若者も、徐々に自分の意見が言えるようになったり、周りの子へのフォローができるようになったり、目覚ましい変化を見せてくれるようになりました。

​若者の成長の場への存続に、みなさまからの応援をいただけますと幸いです。

THANK YOU !

オンライン居場所に届いた若者達の声

Aさん
Aさん
press to zoom
Bさん
Bさん
press to zoom
Cさん
Cさん
press to zoom
共同募金_居場所ロゴ_決定_edited.png

オンライン居場所には
助成金が活きています

みてね基金.png
image1.png